生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の備忘録

13~16日のどこかで。

 書きため用記事です。
 書き忘れを思い出す度に書き加えていく感じで更新していきます。英文チェックにかける体力も無いので日本語で。

 頭が悪くて自尊心が強く、よく言えば倹約家、悪く言えば貧乏性で顔は普通でコミュ障で、生真面目な男と
浪費家で浮気性でメンヘラだが、頭が良くて顔とスタイルはよくコミュニケーション能力も高い女
の子供、上手く行けば頭と顔とスタイルがよい上にコミュニケーション能力も高くなる筈ですよね?上手く行けば。

 でも上手くは行きませんでした。両者の悪いところを引き継いだ上に、両者には無かった障害を抱えた子供が産まれました。

 両親は子供がそれ程大きくない時から頻繁に喧嘩をするようになり、母親は男を作って出ていきました。以来、家では父親が子供に物理的・精神的な暴力を振るうようになりました。母親が包丁を投げてきたりフライパンで殴ってきたりするのから庇ってくれた父親はいなくなりました。
父親の独り言も増えました。私がいようとお構いなしに独り言を大きな声で吐くようになり、稀に「セックス」だなんて呟くようになりました。子供がいる場所で。

 小さい頃から嫌いだと言い続けてきた剣道を強制され、好きだと言い続けてきた絵の習い事は剣道を優先するために辞めさせられました。
会計士になりたい、なんていう偽りの夢まで抱かせられて、文学に興味のある人間は商学部に進まされました。

 父親の仕事のせいで転勤族として生きることを強いられましたが、両親からは転勤する度に以前いたコミュニティーとの関係を強制的に断たされました。
 両親は決して私を褒めることはありませんでした。私のすること全てを馬鹿にして、全てを否定してきました。
 私が「部屋の片付け方が分からない」「収納棚を買った方がいいのではないか」と両親に聞いた時、返ってきた答えは「部屋の乱れは頭の乱れ、頭が良ければ教わらなくても出来る」「片付けを教わらないと、棚を増やさないと出来ないなんて頭がおかしいのではないか」といった具合でした。
私がジャレドさんの番組を録画していた時「誰?」と聞かれ、「ジャレド・ダイアモンドさん。『銃・病原菌・鉄』の人」と答えると返ってきたのは「『銃・病原菌なんたら』じゃなくて『銃・病(やまい)』じゃないのか?」との答えでした。彼には私を馬鹿にすることしか生きがいが無いようにも見えました。

 母親が出ていってからそろそろ6,7年くらいは経つような気がします。彼女が出ていく直前に、私は母親が私の知らない男の人と笑顔で撮ったプリクラがリビングに落ちているのを見つけました。
子供心にそれが家庭を崩壊させる力を持つことを悟り、気が付けば生徒手帳のカバーに挟み、隠していました。それでも彼女が家を出て行く未来を変えることは出来ませんでした。

 女の子としての身嗜みの整え方は全て、友達や先輩後輩、インターネットに教わりました。その結果、再会した21歳の子供に「下着の買い方とかちゃんと分かる?」と聞く馬鹿な母親が完成したりします。生理についての知識は学校の保健体育とネットから得ました。

 再会した母親は、家にいた時には身に付けたことも無かったブランド物の鞄や財布を持ち歩くようになっていました。羽振りの良い男と付き合っているのでしょう。
 私が脳出血で倒れた時、母親は私の父親に子供を妊娠したことを報告したらしいです。もちろん私の父親との子ではありません。
私の意識が明瞭になってから父親に聞かされたところによると「子供は流産して駄目になった」とのことでした。何度も申し上げますが、彼女が孕んでいたのは夫との子ではなく、間男との子です。それを自分の子が倒れたことを報告してきた夫に報告できる神経はすごいと今思い返しても思います。やっぱり彼女は頭がおかしかったのでしょう。
 最近よく会うようになって何を勘違いしたのか分かりませんが、彼女は私に対して母親面をするようになりました。
 そして、機嫌を損なうと敬語を使い出すこともありました。それに辟易した私は彼女が浮気をして出て行ったことは当時から把握していたことを伝えました。すると彼女は、「一緒に死のう」だなんて言い出すではありませんか。
50歳を目前にして自殺を自分の意思で選択できず、子に委ねる母親から自分は産まれてきたのかと思うと途端に情けなくなり、連絡を断ちました。
胡散臭い民間療法に私と祖母を連れていく母親、そして口八丁に騙され高額な代金を支払い入会する、馬鹿な祖母。母親には紹介したことで何らかのマージンが支払われたりしたのでしょうか。祖父母(父方、母方双方)の、何度も同じことを繰り返し言う癖が大嫌いでした。だから、自分がそうなってしまったのが苦痛でした。「それさっきも言ったよね?」が苦痛で仕方がありませんでした。
きっと両親は私が死んだとしても、その原因をお互いに擦り付け合うのでしょう。その光景が目に見えるようです。
何をしても、何を達成しても「馬鹿な子」としか言われませんでした。そのために自分は馬鹿なのだと思ったまま今に至るわけですが、こうも思うようになったのです、「私がその行動を起こした意味を考えもせず、理解ができないからと一方的に馬鹿だ、と断じてきた彼らの方が馬鹿ではないか」と。彼らには不幸せなまま生きる苦痛を味わってほしいと思いますし、私の起こした行動の理由をちらりとも考えないままに私を罵倒し否定し続けてきた彼らには今すぐ不幸せになってほしいとも思います。
相手の男を変えようが不完全な出産しかできない母親に、自尊心を守るために東京の人間を見下し選民思想に酔いしれる父親、民放のゴシップに振り回される母方の祖母。随分前にうんざりして以来、記憶にとどめる気をなくした、父方の祖父母の存在。何かの喜劇か、と思うほどに訳の分からない家族に育てられてきました。
多分、両親のどちらか(あるいはどちらも)精神的な疾患を抱えているのだと思います。一度精神科に行ってみるべきかと思われます。
私は家族全てを憎んでいますが、中でも家庭の崩壊を止められなかった自分のことが一番憎いです。何の取り柄もない自分が嫌いです。

ざっと流れをまとめるとこんな感じです。書きたいことを書きたいように書いたので流れは適当ですが。
1年前、Uさんをはじめとする三役の方々に自殺を止められましたが、この1年間で何も改善しませんでした。
またUさんに止められると同じことを繰り返しそうだ、と危惧して彼女に距離を置かせる行動を繰り返しました。具体的には「意見の否定」と「私がその行動を無意識に行う程愚かな人間であると思わせること」です。案の定彼女は自分から距離を置き始めました。
計画は成功です。良心が全く痛まない、なんてことはありませんが、距離を置かせることで私がいなくなったとしても、1年前のように私が止めていれば…等と思わないようにはなったと思います(彼女が自ら距離を置いた人間に対して罪悪感を抱く程の善性の塊であるとも考えづらいです)。

13~16日のどこかで実行しなければなりません。休日は家に父親がいる上に、ゼミの合宿もあるので。前回分かったのは、家では無理だ、ということです。

カメラ借りなければ良かったかもしれないなぁ…

紙の本で育った人間が、電子書籍に鞍替えして思ったこと

 勢いで書ききりたいので日本語で。下手に英文で書いて勢いを失ったら手が動かなさそう、というのもあります。

 携帯のブラウザから打ち込んでるのでフォントの変更が出来ません。そのため読みづらいかもしれません(別にそれは今に始まったことではないですが)。



 “紙で(あるいは電子でも)別の書店で購入した本のISBNコードを読み取ってデータベース化できるようになってくれたらいいのにな
今のところ、読書メーターみたいに手入力でしか自分用の読書データベースを作れない&koboで購入した本はKindleで既読本扱いにならない(逆も然り)から不便”
から始めてTwitterで連投しようとしてましたが、長文になりそうだしせっかくなのでブログに投げます。

 電子書籍を中心にした読書生活を送るようになってからも、たまに古本屋さんとかを巡って色々と掘り出し物を見つけたり、生協を利用して新刊を衝動買いしてきたりしますが、当然の如く日常的に利用するkoboさんはその衝動買いや掘り出し物を無視したおすすめをメールで送ってくる訳です。


 わかってます、koboは何も悪くない。Kindleもそんな感じですし。


 だから自分自身の読書データをどこか楽天Amazon等とは別の1ヶ所にまとめておきたいんですけど、その目的で今まで使ってきて一番便利だと感じたのは読書メーターくらいです。
 でもその読書メーター読書メーターで、どこの電子書籍とも連携できない(よく使ってた時期はそうでした、今は改善されてるかもわかりません)ため、暇がないとなかなか手入力をしにサイトに足を運ぶようなこともありません。
感想を書き留めておくには便利なツールだったので一時期多用していましたが、読書データをまとめておくのには向いていないような気がします。

 確か読書メーターはISBN検索が出来たような記憶があります。ISBN検索を使ったことがないので記憶違いかもしれないですが。
でもいちいちISBNコードを手入力するのも面倒だし、QRコードが携帯で読み取れるのならISBNコードも携帯で読み取れるように…それが無理でもISBNコードの情報を含んだQRコードを添付してほしいな~と、以前名刺を作った時にQRコードが割と簡単に作成出来ることを知って思ったりもしました。

 読書メーターは「メーター」という名前の割には単なる記録目的、というよりは感想を書いたり人の書いた感想を読んだりするつながり目的に特化したツールのように感じました(同好の士を見つけたり他の読み方を知る分にはとてもいいサービスだとおもいます)。
あのようにSNS寄りの人と繋がることを目的にしたサービスではなく、個人でデータをまとめることに特化した読書メーター的なサービスがあればなぁ…とは思います。とか言っておいてこれを書いている私にサイトを作る技術なんてものはありませんが。
何を“買って”読んだかを記録しておくのにもいいツールになりそうなのになぁ、とも思います。

 “買った”情報ってAmazonなり楽天なりだと買った瞬間に記録されるじゃないですか。その情報を他の商品をおすすめする基準に転用したりするために。
 古本だと難しいのかもしれませんが、少なくとも新刊を店頭で購入した場合にも
購入したデータが即時に個人用の読書データベースに送られ、
その時点で「積ん読」としてカテゴライズされ、
読み切ったら読み切ったで簡単な操作をデータベース上で行うことによって「既読」としてカテゴライズされる。
 何ならそこで簡単に備忘録として感想を(字数制限なく)書けたりするといいかもしれないです。読書メーターで困ったのが勢いで感想を書くと字数制限に知らぬ間に引っかかっている、なんてことがたまにあったので。

 あと、感想とは別に“とても好き”~“ふつう”~“好きではない”等の簡単で一定の評価軸を設け、読み切った時に“好き”~“ふつう”~“好きではない”の数段階で評価することでその個人が好きな系統の本を絞り込むことが出来ると思います。
何ならジャンルの枠を超えたとしても「好きな系統の本」が絞り込めるかもしれないです。
今送られてくるオススメはやっぱりそれまでに読んだものと同じジャンルのみに終始しているので、違うジャンルでも「その本をより楽しむために必要な教養を身に付けるための本」を紹介してくれたらありがたいな~とも思います。

 購入したデータ、としたのは昨今の海賊版事情を省みて、です。ただその情報をISBN情報のみで記録できるようにしてしまうと、「購入していないにもかかわらず海賊版等を利用してISBN情報を調べて登録しようとする人」が出てきそうな気がしたので。
 図書館で借りたものは図書館で借りたもの、として仮登録し、購入したら改めて本登録してもいいかもしれません。
図書館を利用するなら司書さんにオススメを聞けるからわざわざデータベースに組み込む必要はないと思うし、その系統の本が好きでデータベース化したい、と思うのなら購入すればいいし…。
人にプレゼントする場合は購入時点でいったんは購入した人のデータに組み込み、贈与する際に購入した人のデータベースからその本の購入情報を消去して渡された人のデータベースに登録できればより良いかもしれないです。

 今の本を見ていると、「きちんと購入したことにより得られるメリット」が「購入しないで得たことによるメリット」を上回っていないと感じる人が一定数存在していて、そのために海賊版を利用している人がいなくならないのかもなぁ、と思うことがあります。
 たぶん海賊版を利用するような人は(今まで流されてきた数多の海賊版撲滅に向けた広告によって)
海賊版を利用することで正規品を売る立場にいる人々が困ること」なんて百も承知の上で、
さらには「罰金が課せられるような行為であること」も知った上で海賊版を利用しているのだろうから、
ここからさらに「海賊版を利用すると正規品を取り扱う人々が困りますよ!」って方向性の、良心に訴えかけるような広告を増やしたところで効果は薄いような気もします。
それよりも「正規品を買うことで海賊版を利用するよりも大きな利益を享受することができますよ!」
って方向性で行動した方が効果がありそうです(その一環としての販売店別特典等なのでしょうが)。

 だから、“読んだ”情報よりも“買った”という情報を記録することを重視すべきだと思うのです。せっかくマイナンバー制度を運用し始めたのだから、マイナンバー毎に個人のデータベースを構築してもいいんじゃないか?と思うのです。

 他の海賊版被害に遭うようなメディアって、ライブやら作品に特化した音響による上映やらで「海賊版よりも正規品を利用する方がより多くの利益を得られるような状態」を構築できていて、差別化も出来ていると思うんですけど、
こと本に限っては電子書籍にしても「楽天で買ったものはkoboでしか読めず、Kindleでは読めない」といった正規品を買ったとしても不便を感じることがあるという始末。
 だから海賊版を買っても許される、と言いたい訳ではありませんが、にしても正規品が不便すぎます。いや、そうしている理由が分からない訳ではないですよ?そりゃ企業としては、楽天で買ったら楽天koboでしか読んでほしくないし、Amazonで買ったらAmazon Kindleでしか読んでほしくない。何故ならそれで差別化を図っているから、という気持ちもわかります。
 その一方で、海賊版アフィリエイトで収入を得るためにブラウザ上で読めるように、利用者がkoboKindleを購入するといった初期投資をしなくても読めるように、と海賊版公開者のみならず利用者にとっても正規品利用より多くの利益が得られるよう錯覚させてしまう仕組みになっています。

 素人考えですが、デバイス販売による収入を捨てて、どんなデバイスでも読めるようにし、他の部分(例えばポイントだの特典だの)で差別化を図る、とかどうなんでしょうか。それとももうとっくにどこかでやられていたりするのでしょうか。
電子書籍を読むためには、まず電子書籍版のデータ以外にもそれを読むためのデバイスを購入する必要がある、という障壁がマイナスの方向に働いている気がしてなりません。
電子書籍でしか本が読めない、という訳ではない今の世の中で、全ての人が電子書籍用のデバイスを所持している訳ではない今の世の中で、初期投資する必要がある・しかも仲介業者別に購入する必要があるようなメディアを好き好んで利用したがる人しかいない、という訳ではないと思うんですよね。
 それに、正規品利用者も「紙の本信者」「電子書籍信者」に割れている状況です。
もういっそのこと紙の本でも電子書籍でもどっちでもいいのですが、どちらかを思い切って業界全体で一斉に廃止する、くらいのことをする必要があるんじゃないでしょうか。

何か衝動の赴くままに書いたらすごい長文になってしまいました。

口で言うだけなら簡単ですよね、すいません…という感じです🤔

体調不良のまま駆け抜けるテスト週間、しんどいが過ぎる

My father who is my lodger has been contradicted my personality.

On the other hand, my mother who had left our home has been contradicted my existence.

He has battered and uttered harsh words, his children for a long time.
She had carried out paramour's pregnancy when I knocked out with a cerebral hemorrhage.

No one wants me.

全休丸二日間寝込んでたのに全く体調がよくなっていないのですがこれはどういう

It is interesting to note that my mother is a big spender and that my father is stingy like a beggar.

 

So they had been inherently incompatible. Why did they get married?

 

Putting that aside if I will commit suicide again, please don't stop irresponsible.I think I do that again because I have to do.


I think she who stopped me to commit suicide last spring hasn't read this article because she hate me now.


That's enough for today because I'm tired of the cold.

I'll be invited a conference from my favorite publisher. So I'll be alive for that.

幸運なことに「不幸」は伝染しないものらしいが、不運なことに遺伝するものらしい

This is off topic, but I had believed that I've been blessed and that other people are living in a severely painful circumstance too for so long because I had been exposed theirs story by friends surrounding me.

 

They had had various hard times.

A boy who had father who is the president told me that his parents already got divorced and that his father had cheated after he got re-married.

A girl who is my senior told me that she had subjected to cruelty a long time.

One another boy's brother had been the poor fool man.

I have never told my situation, because I'm afraid to be saying "You are too spoiled".

 

I have been subjected to cruelty by my father since my mother left our home.

I have made an effort to establish myself, but I have had an effect on nothing.

What to say about being rewarded after a long effort, I just had lost the left side of my body.

カメラをお借りしました、ありがとうございます。

"One morning Gregor Samsa woke in his bed from uneasy dreams and found he had turned into a huge verminous insect."(Kafka,1915)

In his phrase,
One morning I woke in my futon from uneasy dreams and found the left side of my body had turned into a huge verminous insect.

This also has been a cause for me in my life.

After that, I have lost a sense of the left side of my body without coldness and pain.
I have felt a chill except summer since that morning.

The left side of my body hasn't been able to feel warmth.
For example, if I touch hot water, I'll feel cold. At worst I'll feel pain.

とりあえず上げとくかの精神

If I haven't had compassion on my father, I don't live in this house now.

I have seen him who stood rooted to the spot because he didn't know how to get cuisine in service area in the old days.
I remember that I felt disconsolate at that time. Thinking back now, I may have been caused since that time.

My mother left home a long time ago. This nourished me to have compassion on my father.
One day there was a turning point, he often has taught to himself.
He sometimes said a word, “sex” in his monologue. Because of his loud voice, I have had to hear this word in my room and suffer from it.