生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

加害者という立場を受け入れるには相応の強さが必要で、私はその強さがなかったために被害者側に立ち続けようとしていた

自分のことしか考えてないなぁ、と思う。だからといって他に何か考えられるような、消化にいいコンテンツは私の周りにない。そもそも、新しいコンテンツにかじりつこうと思えない。新しい何かに挑戦して、失敗することを許容できる体力が全くない。 嫌いにな…

やっと目に見える進捗が

仕事じゃないし進捗は相変わらずダメダメだけど、一歩以上進めるようになったので(今まではそれすら出来なかった)よしとします。 発達できていない奴でも、失敗の選択肢を選ぶと露骨に踏み外したことが分かる程度に社会をやれていると、普通に間違えたことに…

蛇口を手で押さえても、思考が溢れて止まらない

今の自分には絶対出来ないことを見かけるだけで精神がやられてるので回復しようがない。 Twitterしてるだけでも流れてくる。任天堂のプロモーションが、Switchの広告をうってくる。健常な頃だったら金が貯まった瞬間に買っただろうな、と思う程魅力的なライ…

自己肯定感が消え、社会より人間を好んだ

20年にわたる私への否定は、私から自己肯定感を根刮ぎ消し去った。 ついこの間、普段全然会話をしない父親に、珍しいことを言った。「私って頑張ってるよね」「私って真面目だよね」と。答えは何だったと思う? 両方Noで、「調子乗ってんじゃねぇよ」と言わ…

この先生きるためにやらなければならないことを放棄した今、緩やかな死を感じている

意識すると、モノローグに占める「違うんです」の割合が大きいことに気が付いた。 将来を考える時期にある。ちょっと、というかだいぶ遅いけど、まあぼちぼち考え始めている。 今の自分から想像できる将来。何も希望がなくて、やっぱり死んだ方がいいじゃな…

何が違うんですか

自分でも最悪だなと思う口癖がある、という話。 さっぱりしたくてシャワーを浴びて、髪の毛を拭きながら色々考えてたらヤツが出た。「違うんだよなぁ~~~~」と、とりあえず否定から入ってくる悪癖が。私はこいつが嫌いだ。 その声の主は分かっている。父…

非言語部の文章化への試み

死ぬんです、それはまあ決定として。 声出なくなったなぁ顔動かせなくなったなぁと、キャスで喋ろうとして思った。リアルタイムに言葉を発することをこんなに出来なくなるものかと困惑した。話したけど、こうやって文章に出来るのは思考の内言語化/定義する…

暑い

二年前だったか、私が最後に心を芯から動かされたのは。 それもまた呪いになったのだろう。その小説が私の芯に突き刺さってから今までで、先生が書く文章以外の何物も───文章に限らず映像でも───私の心の芯を揺さぶるに足りなくなった。 唯一芯を掠めたのが…

ある一時の正しさに囚われている。 量産される正解者。不正解者は情状酌量の余地なく断罪される。絶え間なく問われ続ける問題。許されるミスは1割未満。正解者には人権が与えられる。正解し続けろ。間違う筈はない、普通の人間ならば。 非言語/不可視のスロ…

さよなら、幸せな記憶

今を生きられない私は、過去に生きる。 昼御飯を食べた後、何だか眠くなった。 薄いカーテンは閉め切ったままに、窓を開け放つと、薄い光と風が部屋に延びてきて。私は下着姿でベッドに倒れ込み、意識を枕に委譲した。 夢を見た。 目が覚めてから、私もまだ…

苦痛

物が覚えられないということがどれだけの絶望か、という話。 私は新しく物を覚えられない。覚えようとしても/忘れたくなくても関係なく、明らかに以前よりも忘れやすくなった。 あ、これもすぐに忘れるんだろうな、ということが、リアルタイムで分かるように…

リセットボタンが見付からない

やるべきことを出来ないから、時間だけはある。まとまりのないことを考える時間が。 何回目かも分からない気付き。今の私は新鮮に考え付いたように感じているけれど、もしかしたら以前思い付いたことを忘れているだけかもしれない。 あ、と。 クリア後のデー…

常に何かが頭を占拠している状態

ポコポコと湧いてくるような。 何で自分はこんなにも頭がギュウギュウのパンパンになっているのか、と、残存メモリで考えていた。 多分私は、元々思考が多動なのだ。そこに記憶障害が加わって、詰めていられなくなったものを忘れていく/捌けさせる速度が上が…

基本姿勢に対する考察

なんとなく分かったような気がする。あくまで気がするだけだけど。 私は躁鬱というか常に鬱なんだと思う。躁には意識しないと移行できない。躁と鬱が並行して存在するというよりは、鬱がベースにあって、社会をやろうとする時にだけ躁を発現させているような…

笑うしかないから笑っているみたいな見方もある

前の話の続きかもしれないし、じゃないかもしれない。 今のような生活をしていると、あんまり平日も休日も区別できなくなってくる。平日に通い、土日に休むような生活であることには変わりないけれど、気分的な問題で区別できなくなる。 毎日に対したイベン…

共感も過ぎると、他人の他人事を無視しきれなくなる

“可哀想”に耐えられない。 父親は可哀想な人間だと思う。 嫁に浮気され、子供は障害者の金食い虫。 白髪がなくて艶々だった髪の毛は、会う度に白髪に侵食されている。白髪染めを使うことすらしない。 私にかかるお金を確保する為なのか、自分にあまりお金を…

ジェットコースター

死ねるような場所があるエリアを抜けるまで人に付き添われ、本当ならふらりと落ちてしまえるくらいに疲れ切っていたのに、死ねなかった。何回目だ。呆れる。 時間がないことも忘れてはならない。残された時間はそうない。 躁鬱ジェットコースター。躁になる…

不明

祖父母を遠隔介護しているよう。疲れがとれない。朝ポストに今期何回目かの手紙が投げ込まれていた。出掛ける直前に封筒を見て、吐き気を堪えながら目的地に向かった。 7月3日。予定が入った最後の日。死なない理由を探してみた。見つからなかった。推しの新…

午睡

倦怠感。何もやる気がしない。躁状態で生きてたんだな、四年間。四年間の躁の反動が一気に鬱として表れている。さっさと死ねよと思うだろう。私もそう思う。だけど身体が動かない。縄を結ぶのだけで半日要する。飛び込む場所に行くまでに息が切れて歩けなく…

努力が全部空回り。定型世界の文脈を読み取れず、終。舌を噛み切りそうなくらいの巨大感情。言わなきゃ分からないって言うから言ってるのに、それでも分からないって言われたらおしまい。自分の幼稚さ。未熟さ。もうじき死ぬんだな、自分。みたいな諦観。死…

だくだく

正確には、死にたいんじゃなくて、生きられない、んだ。自分に長所はなく、友達すらいない。家族はもう限界で、ほとんど介護のようになってきた。現に私は既に介護疲れを起こしている。やりたかったこととやれなかったことと、出来たことと出来なくなったこ…

思考の氾濫

分かる。自分の脳味噌では必要な思考に辿り着けないということを。能力が不足しているということを。 分かった。今までの人生は、その不足によりうまくいかなかったということが。 現実の私を知る人には信じられないことかもしれないけれど、これでも私は常…

備忘録?とりあえずのメモ

未練の残る青春を形容する台詞として、『始まる前に終わっていた』というものがあるけれど、そんな訳はない。終われることができるのは、既に始まったものだけだ。始まりと終わりの関係性が反転することは、それら自身の性質上ありえない。 だから、終わった…

現状

何も楽しくない。口角を上げられなくなった。楽しいフリすら出来なくなった。 朝起きるとまず、全身の痛み。それから希死念慮。自己流のリハビリを頑張りすぎて腫れてきた関節が悲鳴を上げ、両の目蓋がピクピクする。 物を覚えられず、人との関わり方もド下…

入ったこともない大学の敷地内にある、高い建造物に想いを馳せる

かなり無理になっている。 いるだけで息苦しく思わない部屋を得た。過ごしやすくはなったのだ。もっと早くここに来られていたら、また違った現在があったのだろうな、と思う程度に。 そう、“もっと早ければ”。もう手遅れだった。私はほとんど全ての意欲を失…

5月10日(金)

ド鬱の最中にある。 数年ぶりに真面目に生きてるが、虚しい。多分、理由としては努力の変換効率が信じられないくらいに低下したことにあると思う。努力が報われないのだ。 行きたいところ/観たい映画/やりたいことがあっても、出来なくなった。身体と頭が重…

現実をぼかす

今日も今日とて酒を飲む。 酒に弱い自分は少量のアルコールで頭をぼやけさせることが出来るからちょうどいい。徒歩2分圏内で手に入る、安価な酩酊物質。 睡眠薬とは併用しないように気を付けている。かの借金玉氏でさえ、アルコールと睡眠薬との併用に依存し…

友達と呼べた人のことについて、思い返すだけの余力が少し湧いてきた

ようやく出来た友達だと思って、本来理解しておくべき“友達との距離感”を理解しないまま付き合って、結局駄目になった関係の話。 メンヘラ.jpに逃避して、他人のキラキラした人生と自分のキラキラしていない現実との乖離からようやく目を背けることが出来て…

布団に寝転び、記事を読む日々

何もやる気が起きなくて、ひたすらメンヘラ.jpを周回している。 「風呂に入るのがめんどくさい」は自分を大切にできていないサイン - メンヘラ.jp http://menhera.jp/687 この記事でも取り上げられているように、メンヘラ.jpでは「風呂に入れなくなるのは鬱…

昼間から缶を開ける

飲む理由/目的が変わり果ててしまった。 用事がない時、近くのコンビニで酒とつまみを買って昼間からひとりで飲むようになった。 以前は人との親交を深める目的で嗜んでいたアルコールだったが、一緒に飲む人がひとりもいなくなった今、その理由/目的は変わ…