生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

2018-04-04から1日間の記事一覧

長い間、自分には何もない、という思考の檻に閉じ込められている。

普通の人間に対して「自分が“周回遅れ”なのではないか、という劣等感」を抱えながら、私は生きている。 この感覚に対して“周回遅れ”という名称を与えたのは、Twitterに流れてきたとあるツイートだった。それを見て以来、 「私は周回遅れなのだな」と思いなが…

健康診断を終わらせた

健康診断の日だったから、授業もないのに学校に来た。 花粉は酷いわ吐き気もするわで体調最悪だけど、人間のコスプレをしてとりあえず学校には来た。 それには 「健康診断を別途受けようとすると別料金がかかるから」、 「昔人に貸した物を『今日この非にあ…

自分が文章を書き続ける理由について考えてみる

昔から、文章を読むことは嫌いではなかった。 むしろ好きな部類に入っていたと思う。 でも、私は文章を読むことが好きだったのに/というかむしろ好きだったからこそ、 “文章を書くこと”に対するある種の苦手意識のような物があった。その壁は素敵な文章を読…