生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

2018-06-04から1日間の記事一覧

自分には何もない、という感覚からくるのであろう、“誰からも必要とされていない”ような感覚

Jack in The BOX幕張公演で心臓をキューピッドの矢でハリネズミのごとく射抜かれまくったこじかです。 ジンセイイチドキリのために手拍子がんばります~って手紙に書いてたら予想が当たって満足でした。 でもステージ上でキラキラ輝く江口くんを見ていて、そ…