生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

2018-07-14から1日間の記事一覧

ずっと痺れているから気が付かなかったけど、いつも遅れながらもきちんとやってきてはいたのか、感覚よ

発症時は何も(痛みすらも)感じなかった左半身だが、今に至るまでに痛み、寒さ、痺れ、の順に感じられるようになった。 生物として生き残っていくために必要とされる感覚から優先して獲得していくのかなと思うと興味深い。 場面は変わる。 日中に電車に乗って…

「悪役」考

「悪役」と言っても色んな人(あるいは人外のもの)がいる。そしてそれらは往々にして主役/正義を引き立てるために消費される。悪事を働く理由さえ無視されて、正義に酔いしれるための燃料として燃やされる。 ばいきんまん、というキャラクターがいる。日本に…