生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

2018-07-20から1日間の記事一覧

すしの“し”はしあわせの“し”(戯言)

視野が狭まると/情報が足りていないと誤った判断を下してしまう、という常識は、どこへ行こうと変わらない。 変わらない、のだけれど。そもそも視野が狭まっている/情報が不足していると、そのことに気が付かない、というどうしようもない状況であったりもす…

くうふくはさいこうのちょうみりょうだから……(瀕死)(塩分タブレットを噛みながら)

私たちは互いに傷付け合い、傷付き合いながら付き合っている/関わっている。 傷付けて/傷付いてでも得たい何かを得るために、ひとつの社会を形作っている。このご時世、本気でやろうと思えばひとりで家に引きこもって生きていくことは不可能ではない。それで…