生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

2018-07-30から1日間の記事一覧

寝ても寝ても眠い夏

外は30℃超えらしい。 だが室内で冷房を効かせて、誰にも見せたくないようなだらけた格好でいると、そんな暑さは露ほども感じない。 夕方になっても、カーテンを閉め切って部屋の電気を消灯しても、カーテンすらすり抜ける日光のおかげで部屋はぼんやりと明る…

越えてはいけないラインを越えてしまって、大事なことすら忘れた時の自分へ。比較的元気な状態の自分より

今の病気に囚われていると、何もかもが嫌になって、生きていることすら嫌になることがある。ことがある、というか、多々ある。 でも、そんな状態であっても、自分の中ではそれはまだマシな方だと思っている。 そう、それだけならまだマシなのだ。問題はその…