生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

2018-08-25から1日間の記事一覧

“ようやく掴んだ幸せを、自ら手放して不幸になる”描写

先日観た舞台で(ネタバレを避けるために詳細は省くが)、 “ようやく掴んだ幸せを自ら手放して不幸になること”を繰り返す登場人物がいた。舞台上で色々な状況が積み重なっていたこともあって、その場面は私の心を締め付けた。 ある、いつまで経っても恋人が出…

タイトル未定の断片・メモ

そうして残った、“他人に関心を持つ能力を欠いた”人間たちの遺伝子が絡まり合って/絡まりきって、今のわたしたちがここに在る。ただ自己の命を存続させるという目的のためだけに、関心を持てない他者と社会を構成して生きている。 わたしたちの先祖の仲間に…

普通とズレている。“普通”なんて形のない幻想でしかないとしても

昨日は舞台を観に行った。当初の目的推しを観るためだったけど、去年の公演を観てからその劇団のストーリーや演出、演技、空気感を好きになっていたため、そちらにも期待していた。 ちょっと言い方は悪いけど、恋を主題に据えると陳腐になりがちなイメージが…