生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

2019-06-30から1日間の記事一覧

午睡

倦怠感。何もやる気がしない。躁状態で生きてたんだな、四年間。四年間の躁の反動が一気に鬱として表れている。さっさと死ねよと思うだろう。私もそう思う。だけど身体が動かない。縄を結ぶのだけで半日要する。飛び込む場所に行くまでに息が切れて歩けなく…

努力が全部空回り。定型世界の文脈を読み取れず、終。舌を噛み切りそうなくらいの巨大感情。言わなきゃ分からないって言うから言ってるのに、それでも分からないって言われたらおしまい。自分の幼稚さ。未熟さ。もうじき死ぬんだな、自分。みたいな諦観。死…

だくだく

正確には、死にたいんじゃなくて、生きられない、んだ。自分に長所はなく、友達すらいない。家族はもう限界で、ほとんど介護のようになってきた。現に私は既に介護疲れを起こしている。やりたかったこととやれなかったことと、出来たことと出来なくなったこ…