生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の備忘録

独り言を言ってみたいのに言えない

 言ってみたいけど、コミュ障なので、独り言すら言えません。脳内で完結してしまいます。

 

 そもそも、独り言に対して恐怖心があります。自分の頭が悪くて「こちらに向けて喋りかけているのか判別が付かない」ため。

 家では、父親が独り言を言う人間なのですが、独り言の中にたまにこちらに話しかけているつもりの言葉を混ぜてきたり、それに応えなかったために理不尽な怒りが返ってくるのが怖かったりで、本当に苦手です。

 

 いつか独り言を言えるようになりたい。