生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の備忘録

前にした話の補足というか続きというか

 前も(多分)言ったと思いますが。

 

 文化は社会を構築するための手段でしかなくて、それ以上でもそれ以下でもないんですよね。

 

 文化にはそれぞれの共通言語がある。それは本当に「言葉・用語」であったり、あるいは「テンションや空気」であったりする。輪の中で平和に楽しく暮らすためには(本心がどうであれ)それらに合わせる必要があります。

 

 そのために無理に(無理にと言うか何というか)それらの基準に合わせたりするのだけど、それらの基準に合わせているのを本心から、だとか勘違いされたくないですね、はい。

 

 推しが結婚する(であろう未来)を嘆くのは文化の空気に合わせてるだけの人が多いんじゃないかしら…。

(自主規制)界隈のことは何も知らないので(自主規制)と呼ばれる人々が全員そうだとは言いませんけど。

 

 疲れている時に脳が死んでるような事を言われて腹が立ってしまった。マインドフルネスの修業をせねば。