生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

バーフバリ絶叫オールナイト上映行ってきましたねむねむのねむです

おやすみなさい、じゃなかった、おはようございます。朝ですね。

f:id:takikomigohan0:20180408065142j:plain
写真は前説カッタッパさんとのツーショ。何故か二枚とも私が目をつぶっててかなしみ。
4/7(土)24:00~5:10までの回(最終追加回)だったので死ぬほど眠たいです。

初絶叫上映でした。なのにオールナイト上映に参戦するとか馬鹿なのか、自分は。
f:id:takikomigohan0:20180408105806j:plain
発券も済ませたのでマヒシュマティみくじを引くための列に早々に並んだところ、前のおじさんにカレーせんべいをいただきました。ありがたい…。
f:id:takikomigohan0:20180408105516j:plain
絶叫上映の勝手が分からなかったので、とりあえずライブ用に持っていたキンブレを持って行きました。キンブレへの安心感よ。

Twitterの方で撮影会とかマヒシュマティみくじとかの写真を上げていたら何と、偶然TLに絶叫AN参加マン(回は違うけど)がいたようで。突如ピカデリーカフェ前のベンチで3,4年振りの再会を果たしました。
出会い頭にとりあえずお互い「何でいるの」と笑い合って、近況報告。その後相手にお菓子をいただきました。(注:ANから帰ってすぐにこれを書いていたものの眠すぎて寝落ち、昼前になって目が覚めたので編集再開しました。)
f:id:takikomigohan0:20180408105640j:plainf:id:takikomigohan0:20180408105702j:plain
ありがてえありがてえ…🙏
絶叫上映の話になって、彼女ら(相手には絶叫上映とは教えずに連れてきた相方がいた)の装備を見せてもらうと、流石猛者。
うちわはもちろん、タンバリンも特製品に改造していました。
f:id:takikomigohan0:20180408110032j:plain
f:id:takikomigohan0:20180408110058j:plain
え、こんなにいっぱい必要なの?とこっちが不安になるくらいの装備。
「キンブレしか持ってきてない」と告げると相手に言われたのは
「タンバリンないとつらいよ」の一言。まじか。
一気にどうしよう……もう近くの百均も開いていない時間だし……とテンションが下がってしまったまま、上映時間に。
f:id:takikomigohan0:20180408110646j:plain
f:id:takikomigohan0:20180408110706j:plain
とりあえず座って待つ。すると自称“フリー素材”の前説カッタッパさん登場。誘導等をされていました。
と、突然。前説カッタッパさんから思いがけない一言が飛び出しました。
「タンバリン、先着二名まで貸し出しできます!!」
即刻立ち上がって手を挙げました。貸していただきありがとうございました……。
f:id:takikomigohan0:20180408110944j:plain
(後々このタンバリンが役に立ちまくることになる)
そして前説。
f:id:takikomigohan0:20180408111126j:plain
頭に足が乗ってる。すごい。しかもこの足を頭に乗っけている方、バーフバリ以前からインド映画のファンだったらしく、熱く、本当に熱くインド映画について語っておられました。
そして本編。スクリーン8、ツイン(配給会社)のロゴが表示された途端に上がる「ツインありがとー!」の声。前編だけではなく後編でも上がりました。愛がすごい。
内容はもう……普通に観るよりも5000兆倍楽しかったことと満足感しか残ってなくてもはや記憶にないです……もしや合法でトリップできる行為なのでは?絶叫上映。
エンドロールでは、途中でエンディングテーマが(エンディングテーマの長さの都合上)終わってしまい、残りのエンドロールを無音で見つめる羽目に…。なるかと思いきや、どこからか飛び出した、「まだ尺余ってるよー!」の声を皮切りにエンドロールが流れきるまでずーっと、みんなで「バーフバリ!」と叫び続けていました(途中で「長い!」「がんばれ!」みたいな声も上がった)。
休憩時間、スクリーン前で小規模な撮影会が開かれました。
f:id:takikomigohan0:20180408111708j:plain
このポーズ楽しかった。ありがとうございます、Twitterのトプ画にします。
そして休憩後すぐ、前説カッタッパさんの誘導とともに始まったバーフバリコール(今思い出したけどこれ前編の時もあったわ)が大きくなっていくにつれて暗くなっていく劇場。導入が最高。
流石にみなさん(というか私も)疲れてきたようで、前編の時よりはあまり絶叫は聞こえてこなかったけど、私は構わず叫んでいました。伝説誕生の時は様子見だったけど、王の凱旋では要領も掴み、コールを私が引っ張っていけるシーンすらありました(前編で引っ張ってくださった人の声が聞こえなかったのもあるかもしれない)。
王の凱旋、一番叫びたかった「それヒョウ柄ーー!!!」を叫べたので大満足です。節子それトラ柄じゃない、ヒョウ柄や。
あとはもう前編と同じくただただ脳味噌を溶かす時間。バーフバリ、ジャイホー!だって言えました。あと所々でジャイホーコールも。
いや、しゃぶかったです、このオールナイト上映。
事前に「終演後はアマレンドラ夫妻の如く迅速に退場すること」とのお達しもあったため、みな迅速に帰っていきました。
二次会もありましたが、流石にもう体力が残ってなくて……家に帰ってくるだけでも精一杯でした。

運営の方々、スクリーン8で共に王を称えて下さった方々、写真を撮ってくださった方、お菓子をくださった方々、本当にありがとうございました!

楽しい時間を、ありがとうございました。

おまけ、戦利品とレイヤー様方の写真
f:id:takikomigohan0:20180408113603j:plain
f:id:takikomigohan0:20180408113439j:plainf:id:takikomigohan0:20180408113506j:plain
f:id:takikomigohan0:20180408113645j:plain
f:id:takikomigohan0:20180408113713j:plain
f:id:takikomigohan0:20180408113733j:plain