生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

一応ひとつの節目にはなる

 一応ひとつの節目になる時期なので、今後の身の振り方を考えてみた。


 新しい雑記帳と、ペンを買った。いつものようにとめどなく溢れる思考を/いつもブログに書いているようなことを、デジタルではなくアナログに出力し続けてみた。

f:id:takikomigohan0:20180920201057j:plain


 そうしてようやく気がついた。これ、別にブログに書かなくても良いことじゃないか?と。

 日記だったり備忘録だったりとして書き続けては来たものの、最近アクセス数も増えてきて若干嬉しくは思ったものの、別にブログじゃなくても良いような気がしてきたのだ。


 結局のところ、私は誰の記憶にも残らないこと、人の記憶から自分の存在が消えることが怖くて、それに抗いたかっただけなのだと思う。

 誰かにこんなろくでもない自分が、この世界のどこかにいることを知っていて欲しかったのだと思う。

そして、そして。

私がしてきたことは間違っていなかった、と言ってほしかったのだと、私を認めてもらいたかっただけなのだと思う。


 アクセス数の増加は、その欲求を満たさなかった。それどころか読者がこのブログに何を求めているのか分からなくて、笑い物にしにやってきているのかと思うくらいだった。何故かは自分でもよく分からない。憂鬱症のせいだろうか。

 書いてる本人が何を書いたか書いてないのか覚えてなくて、ちっとも前に進まない記事を投稿する度に、少しではあるけど増えるアクセス数。

それでもそれはやっぱり数字でしかなくて、言葉ではない。だから自分の記事をどう読んだのか、非難したいのか笑い物にしたいのか、それすらアクセス数という数字からは読み取れなくて。


 自己満足のために始めたはずのブログだったけど、そこに「人に認められたい」という余計な欲求が乗っかってしまった途端に“アクセス数の増加”と“フィードバックが全くないこと”の間のズレが気になるようになってしまった。安定剤では面倒を見切れない部分の感情に、不具合が現れ始めた。


 だから、潮時なのかなぁ、と思ったのだ。

元々誰からも求められていない、憂鬱症患者の陰気な文章を投稿する義務/需要なんてどこにもなくて、ただただ自分の「認められたい」という願望に基づいて投稿していただけ。

 しばらく続けてきたけど、結局は誰からも認められなかった。私のしてきたことは間違っていなかったと思うことも出来なかった。


 だから、だから。いい加減に自分が誰かから認められることはあり得ないことなのだと理解して、読む方が気分が悪くなってしまうような文章をネットの海に流すのはやめた方がいいのだろうな、と考えた。


 流すならばネットの海ではなく、雑記帳のざらついた紙の海に流すべき事柄だったのだな、とも思った。



 ごめんなさい、需要もないのに読んでいて気分が悪くなるような文章を流し続けて。

 少しの間、このブログをどうするか考えてみます。継続するか、削除するか。はたまた別の選択肢を選ぶのか。