生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

本当の恐怖が目前に迫ってきている

 今年の三月に、それはやってくる。

 

 

 私は自分が継続して付き合うに値しない人間であることを知っている。だから、今年の三月、元同期が卒業していく日に、本当のひとりぼっちになるだろう。

その考えに至ってしまい、それからの1年が怖くなった。四月から、私は業務連絡以外のことを誰とも喋らないのではあるまいか。

 

 こういう恐怖に抗うための存在として、友達というものがいるのだろうけれど、誰も私と遊んでもくれない現状を省みるに、三月で契約満了だ、とでも言わんばかりに関係も絶たれてしまう気がしてならないのだ。

 だからこそ私は余計に、“恋人”という、友人よりも分かりやすいものに幻想を抱いているのかもしれない。

 

 ああ、駄目だ、今年の三月が終わった時の自分を考えると気が今よりもおかしくなりそうだ。今よりも孤独が深まる三月の終わりが、私には怖くてたまらない。