生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

あー、駄目だ、駄目だ

 そういう邪念を振り払おうと思ってまたおはなしを書き始めたのだけど、やっぱり駄目だ。

 

 

 Twitterにマシュマロを開設して、お悩み相談を受け付けていたアルファな人に、あるマシュマロを投げたことがある。

「居場所がありません。どうすればいいでしょうか」と。

今思えば、こんなに答えづらい質問に答えてくれる物好きな人はそうそういないだろうけれど、その相手は答えてくれた。

「居場所は自分で作るものよ」と。非常に端的に、答えてくださった。

 

 私にはどこにも居場所がないような気がしてならないのだ。いままでいた場所も、全て自分の頭の悪さで壊してきてしまった。もう、どの場所にも、顔向け出来ない。せっかく出来た居場所を、壊してしまった時のトラウマが、頭に焼き付いている。

私は普通じゃない。頭が悪い。だから、普通の人がいる居場所に長居することが出来ない。

 私はどんなに居心地の良い場所でも、どうしてこんなにつまらない私が相手に付き合ってもらえるのだろう、と、いつも引け目を感じてしまっていた。だから、せめて相手を楽しませるために何かエンターテイメントを提供しなければならないような気がしてならなかった。

 だから、いつもいつも空回りしてきた。いつも、居場所で浮き続けて、ついには居場所に足が着かなくなってしまった。

 どうして私はいつも失敗してしまうのか。失敗に学ぼうとしても学べないのか。何もかも分からなくて、つらく、悲しい。

 もう、好きな人に声をかけることが怖くて仕方がなくなってしまった。これ以上粗相を働いて相手に迷惑をかけたくない。好きな相手に嫌われたくない。こんな私でごめんなさい、付き合わせてしまってごめんなさい、と、家に帰って反省会をするのはやめたい。

 

 「居場所は自分で作るもの」らしいけど、私には、居場所を壊すことしか出来ないようなのだ。どこに行っても、余計なことをしてしまう。普通になれなくて、避けられる。居心地が悪くなる。

 

 もう、好きな人たちのアイコンを見かけるだけで、呼吸が、胸が、苦しくなるようになった。

好きだから話し掛けたり関わったりしたいのに、私みたいな人間が関わったら絶対に嫌われる/関心を無くされると思って、何かアプローチをすることが怖くなった。

 そうしていたら、気付かぬ内に、好きな人たちとの縁が自然消滅しかけていた。

多分、このまま放置すると本当に縁が切れてしまうだろう。だけど、私のやり方だと、アプローチをしてもそれはそれで縁が切れてしまう。

 

 好きな人たちと離れるのが嫌なのに、自分が自分であるがために彼(女)らを引き留めることが出来ないことが、本当に嫌で嫌でたまらない。

 こんな自分なんて、さっさと死んでしまえばいいのに、と、好きな人たちのアイコンを見送る度に思う。