生まれたてのこじか日記

短期記憶がすぐ消える暇人の肉体から乖離して独立した“書き手”という非実在存在の備忘録 この内容が本当か嘘かは“書き手”自身にも分からない

だくだく

 正確には、死にたいんじゃなくて、生きられない、んだ。自分に長所はなく、友達すらいない。家族はもう限界で、ほとんど介護のようになってきた。現に私は既に介護疲れを起こしている。やりたかったこととやれなかったことと、出来たことと出来なくなったことが混線する。思考。生きるための思考に割くリソースが削られていく。栄養失調、体調不良、栄養失調。生きるのは大変だ。

 吐き気がするのに何も吐けない。胃に固形物がないからだ。新しい眠剤は効かない。思考をグチャグチャにするだけして、眠気も一緒に攫っていく。

 何を話したっけ。何を話せばいいんだっけ。そんなことすらわからない。話すのは何度目だろう。あるいは話していないのだろうか。記憶なんてどこにもなくて、私は毎秒更新され、消えていく。

 何の話をしていたんだったか。

 私は死にたいというよりは生きられないのだ。生きるために必要な能力も資産もない。ヤケクソに貯金を全部使い切った。昔自殺を止められた時に「口座に金がある内に死ぬのはもったいない」と止められたのを思い出した。だから、使い切った。もはや全財産で縄を買ったり樹海へ行ったり出来るかどうかもわからないくらいだ。だけど生きられないのだから仕方がない。飛び降りか、飛び込みか。立地的に電車は少ないから、多分飛び降りだろうな。ぐしゃり。

 

 疲れた。私は十分頑張った。もはや別れを告げるべき友人はいない。

 何も出来ない。でも生きている限り何かしなければならない。

記憶障害の脳味噌の中で、思考は流転する。

 私を救えるものなんて、どこにもない。

眠れない癖に、身体は起き上がれないくらい疲れ切っている。生きるのに向いていない。

 月曜日から再開する社会。休暇が足りない。体力と精神力が足りない。ちぐはぐに悲鳴を上げる筋肉たち。

 前までは、何か生きるための希望のような、楽しみにできるようなものがあったけど、今となってはひとつもない。あるのは苦痛を伴うタスクのみ。

 収入ゼロで貯金ゼロ。友達ゼロで能力ゼロ。つまんなすぎて面白い。笑えないけど。

 

 自分が大丈夫じゃない時、人は自分に大丈夫?と聞いてくれる。大丈夫以外の答えは受け付けないだろうに。大丈夫じゃないって言ったら、毒にも薬にもならない会話が始まるだけじゃないか、と思う。茶番。定型世界がわからない。

 

 疲れた。疲れた。疲れた。Twitterだと、botに捕捉されて迂闊に呟けない言葉。疲れた。

 安楽死できる程の金どころかSuicaにチャージするだけの金すらない。老後2,000万なんて夢のまた夢。死は福祉。求)確実に死ねる方法。譲)は……私の残り少ない全財産とかくらいしかあげられないけど。

 眠剤が効かないまま朝を迎えそう。頭がぼやける。

 全身が疲れている。何回書いたか覚えてないけど、全身が疲れている。

 

 何があった/なかったか、私にはもうわからない。現在を通り過ぎて過去になったものは全て自動で消去される仕様。現在以外はすべて虚構。わからない。知らない。分かりたいなら「1」を、それ以外の方は「3」を。グチャグチャ。スクランブルエッグ。コーヒーの染みが残る雑記帳。死にたいを因数分解した雑記帳。そのページは破って捨てた。今となってはもう、何が書いてあったかも分からない。

 グルグル、カラカラ、電気信号が音を立てて回る。読み返す体力なんてある訳ない。推敲なんて以ての外。

 スイッチを切るように、私も生を切りたい。息が切れてきた。横になっているだけなのに。苦しくなってきた。吐きそう。吐くものもない癖に。

 何も分からないけど、これだけは分かる。私はもうおしまいだ。